F1 ニュース

投稿日: 2017.07.31 12:48
更新日: 2017.07.31 12:51

レッドブルF1代表、フェルスタッペンの謝罪を受け入れ。同士討ちによるリカルドとの関係悪化を否定


F1 | レッドブルF1代表、フェルスタッペンの謝罪を受け入れ。同士討ちによるリカルドとの関係悪化を否定

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1ハンガリーGPでマックス・フェルスタッペンがダニエル・リカルドに接触してリタイアさせたことで、チームは大きな損害を被ったと述べる一方で、フェルスタッペンはすでに謝罪しており、この件をこれ以上長引かせるつもりはないと述べた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング