F1 ニュース

2017.09.30

F1マレーシアGP予選:ベッテルがPUトラブルで最下位。マクラーレン・ホンダ勢はQ3進出


F1 | F1マレーシアGP予選:ベッテルがPUトラブルで最下位。マクラーレン・ホンダ勢はQ3進出

 Q2では全車が最初からスーパーソフトを履いてアタックに入る。1回目のアタックでトップに立ったのはFP3でも最速タイムを記録していたライコネンで、1分30秒926。

 ハミルトンはターン4でややワイドになるミスがあり、2番手以下はフェルスタッペン、ハミルトン、ボッタス、リカルドと続き、中団勢はここでもまたオコンが最上位の6番手につけた。しかし7番手ニコ・ヒュルケンベルグから13番手カルロス・サインツJr.までは0.2秒以内にひしめく大接戦となっている。

 残り3分になろうかというところでボッタスを先頭に各車が2回目のアタックに向かう。ハミルトンもこれに続くが、上位2台のライコネンとフェルスタッペンはピットに留まった。

 アロンソやオコンらがコース上の混雑に不満を訴える中、2回目のアタックでボッタスが1分30秒803でトップに浮上、ハミルトンは0.174秒差の4番手に留まった。6番手にペレス、7番手オコン、8番手ヒュルケンベルグ、そして9番手バンドーン、10番手アロンソでマクラーレン・ホンダの2台もQ3進出を果たした。

 マッサは僅か0.024秒差でQ3進出を逃し、ガスリーはギヤシフトに問題が発生したため2回目のアタックでタイムアップが果たせず15番手で予選を終えた。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 B-Max Racing Lady
あやきいく

F1 Photo Ranking

フォトランキング