F1ニュース

2016.05.31

ザウバー代表、チームメイト同士の接触にお説教「ドライバーふたりとも悪い」


F1 | ザウバー代表、チームメイト同士の接触にお説教「ドライバーふたりとも悪い」

 ザウバーのチーム代表、モニシャ・カルテンボーンは、モナコGPで起きたチームのドライバー同士の接触について「あってはならないこと」であり、ふたりのドライバー双方が責を負うべきだと述べた。

 フェリペ・ナッセはマーカス・エリクソンにポジションを譲れという指示に、すぐ従わず、エリクソンがラスカスで追い越しを試みたところ、両者が接触。どちらもマシンにダメージを受けて、最終的には2台ともリタイアを余儀なくされた。

 この一件はスチュワードによる審議の対象になり、エリクソンにカナダGPでの3グリッド降格と、ペナルティポイント2点の付与という裁定が下っている。

 レース終了後、カルテンボーンは、まずそれぞれのドライバーと個別に話したあと、さらに一緒に話し合いもしており、すでに問題は終結したと考えている。

「双方に良くない点がありました。率直に言えば、これは彼らが満足するかどうかの問題ではありません。私たちはチームであり、全員がそれぞれの責任を理解しています。大事なのはチームです。ポイントを獲得し、良いパフォーマンスを見せるために、チームでは多くの人が一所懸命に仕事をしています。ふたりの若者(ドライバー)は自分たちの担う責任を知るべきで、いまは十分に理解していると思います」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

F1 Photo Ranking

フォトランキング