F1 ニュース

投稿日: 2016.06.08 06:00
更新日: 2016.06.08 08:12

F1初開催アゼルバイジャン 22人のタイヤ選択。メルセデス勢、戦略分ける


F1 | F1初開催アゼルバイジャン 22人のタイヤ選択。メルセデス勢、戦略分ける

 F1公式タイヤサプライヤーのピレリが、アゼルバイジャン バクーでの第8戦ヨーロッパGPにおける各ドライバーのタイヤ選択を発表した。

 今年はピレリが各グランプリに3種類のドライコンパウンドを選び、週末に使用できるドライタイヤ13セットのうち決勝用に2セット、予選Q3用として1セットのコンパウンドが指定されるものの、残りの10セットに関してはドライバーごとにコンパウンドの割り振りを決めることができる。

 今年、アゼルバイジャンの首都バクーで初めてのF1が第8戦ヨーロッパGPとして開催される。ピレリはこのストリートサーキットにホワイト・ミディアム、イエロー・ソフト、レッド・スーパーソフトの3コンパウンドを持ち込む。

 決勝用に取っておかなければならないのはミディアム1セットとイエロー1セットで、このうち少なくとも1セットは決勝で使用しなければならない。

 予選Q3用に取っておかなければならないタイヤはスーパーソフト1セット。このタイヤはQ3に進出したドライバーはQ3後にピレリに返却、それ以外のドライバーは決勝で使用することができる。

■全チームがスーパーソフト中心の選択

 どのドライバーもスーパーソフトを中心に選んでおり(6~8セット)、ミディアムのセット数が最も少ない(1~2セット)。

 チームメイト同士異なる選択をしたのは、メルセデス、ウイリアムズ、ザウバー、ハース。ルイス・ハミルトンはミディアム1、ソフト4、スーパーソフト8に対して、ニコ・ロズベルグはミディアム2、ソフト3、スーパーソフト8を選んだ。

 上位チームでは、ハミルトンとレッドブルのふたり、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが同じ選択、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンはミディアム1、ソフト5、スーパーソフト7を選んだ。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンはフェラーリと同じ選択をしている。

 ヨーロッパGPは6月17~19日に開催される。
 
16Europe-Pirelli


本日のレースクイーン

Pガール
鈴乃八雲(すずのやくも)

F1 Photo Ranking

フォトランキング