F1 ニュース

投稿日: 2016.06.14 15:04

関係者も絶賛の世界最速市街地コース、F1初開催までカウントダウン


F1 | 関係者も絶賛の世界最速市街地コース、F1初開催までカウントダウン

 今週末開催されるF1ヨーロッパGPは、アゼルバイジャンの首都バクーの市街地コース「バクー・シティ・サーキット」が舞台となる。 

 アゼルバイジャンは、ヨーロッパとアジアのほぼ中間地点に位置し、カスピ海西岸に面した人口950万人(外務省HPより・2014年現在)の国。日本の約4分の1(北海道よりやや大きい程度)ほどの大きさで、首都バクーでは19世紀後半に油田が発見されて以降、経済成長率も上昇。カスピ海油田開発により現在世界中から資本が集まっており「第2のドバイ」とも言われている。 

 バクー・シティ・サーキットはヘルマン・ティルケにより設計され、全長6.001kmはスパ・フランコルシャンに次いで2番目に長く、ストップ&ゴー型のサーキット。反時計回りの51周で争われ、ロングストレートや90度コーナーなどを含んだ20のコーナーが設けられている。平均速度は211km/h、最高速度は340km/hとして、主催者はF1カレンダー中、最速のストリートサーキットになると予想している。中高速コーナーは比較的少なく、タイヤにはそれほど厳しくないものと見られている。

 すでにマクラーレンのフェルナンド・アロンソが3月に、FIAのF1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングらが先月視察に訪れており、作業の進捗を称賛するコメントを残していたが、あらためてホワイティングがコースや施設の完成度を現地で確認。問題なく初開催を迎えられると太鼓判を押した。