レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.06.21 14:06
更新日: 2016.06.21 14:38

フォース・インディアの表彰台は「幸運ではなく、実力を発揮した結果」

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | フォース・インディアの表彰台は「幸運ではなく、実力を発揮した結果」

フォース・インディアのチーム代表であるボブ・ファーンリーによると、F1ヨーロッパGPでのセルジオ・ペレスの表彰台は、運ではなく「実力によるものだ」という。

ペレスは予選でも2位につけていたが、ギヤボックス交換のペナルティにより7番グリッドからのスタートとなり、この位置から3位表彰台を獲得。フォース・インディアはモナコGPでもペレスが3位でレースを終えており、この3戦で2度目の表彰台となった。1シーズンで2度の表彰台獲得は、2008年のチーム設立以来、初のこととなる。

ファーンリーは現在の好成績について、以下のように述べている。

「土曜日を終えた時点で、状況は少し厳しそうに見えたが、乗り越えることができた。実力とパフォーマンスを発揮できたのが良かった。誰かにチャンスを与えられたわけではなく、懸命に戦った。マシンに対して、良い仕事をしてきたスタッフの力の証だ」

「時にはチャンスがめぐってくるのを待たなければならない。けれども実力で得た表彰台は、まったく異なるものだ。チェコ(ペレス)は良いドライビングをして、この3戦で2度目の表彰台に上がり、マシンからポテンシャルを引き出す能力があることを証明した」

フォース・インディアは現在コンストラクターズランキング4位のウイリアムズに対し、31ポイント差に迫っている。ファーンリーは、チームはシーズン開幕から強さを発揮しているが、スペインGPで大幅なアップデートを投入して状況が好転する以前は、不運に苦しんだと語る。

「シーズンが始まった段階から、我々は正しいパッケージを手にしていた。最初の4戦は良い流れにならずに苦しんだが、バルセロナ以降は好調だ。我々が得意とするコースもあれば、我慢を強いられるコースもあるが、できるだけ多くのポイントを獲得することが重要だ。他のレースでも、表彰台に上がるチャンスは得られると感じている」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース