F1 ニュース

投稿日: 2016.07.19 00:30
更新日: 2016.07.19 00:39

ボッタスとグティエレスのマネージャーが来季シートの可能性語る


F1 | ボッタスとグティエレスのマネージャーが来季シートの可能性語る

 バルテリ・ボッタスのマネージャーを務めるディディエ・コットンはウイリアムズで「やり残した仕事」と約束があると話し、ボッタスはどうやら2017年もこのチームにとどまる可能性が高そうだ。

F1のパドックでは、昨年に続いて今年もボッタスがフェラーリへ移籍するとの噂が取り沙汰されていたが、結局フェラーリは先日キミ・ライコネンとの再契約を発表した。他にもいくつかの選択肢があるものの、来年ボッタスはウイリアムズと共に5年目のF1シーズンを迎える見通しが高まっている。

「バルテリは、今季の初めごろからずっと、ウイリアムズ残留を強く望んでいる。来年はレギュレーションが大きく変わるが、彼はそうした状況でのチームの能力を信頼しているからだ」と、ボッタスのマネージャーを務めるコットンは語った。

「バルテリとウイリアムズの間には、いわばやり残した仕事があり、彼も可能な限りチームに尽くしたいと考えている。彼は勝つためにF1にいるし、もちろんチームの目標も同じだ。彼らはそれを達成するために、ハードワークを続けている」

「ウイリアムズは、大きなポテンシャルを持った偉大なチームだ。特にここ2年間で、彼らはその高い能力を実証してきたし、まだ今後の発展の余地もある。そして、バルテリの献身的な姿勢を見る限り、チームも彼の仕事に満足しているに違いないと思う」

 先日ボッタスは、次の契約交渉では自分も「もう少し積極的に関わっていきたい」と述べた。だが、コットンを始めとするマネジメントチームの体制に変更はなく、引き続きアドバイスとサポートを続けていくという。

「それに関しては、彼がリードを取ることになったが、彼はいつでも私たちが背後に控えていることを承知している。(2017年の契約交渉を)急ぐ必要はまったくない。いつになるかを予想するのは、私の仕事ではないしね」

 コットンは、エステバン・グティエレスのマネージャーでもある。今年、ニューカマーのハースのドライバーとしてF1に復帰したグティエレスは、これまでのところ厳しいシーズンをすごしており、まだ一度も選手権ポイントを獲れていない。また、プレシーズンテストからシーズン序盤の数戦にかけては、彼のマシンにばかりトラブルが集中したような印象もあった。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング