F1 ニュース

投稿日: 2016.07.08 15:31

ライコネン「フェラーリが最後のチームという思いは変わらない」


F1 | ライコネン「フェラーリが最後のチームという思いは変わらない」

 来季もフェラーリに残れるのかどうか、まだ去就が定まっていないキミ・ライコネンが、自分ではこれまでと変わらない良いドライビングが可能で、以前と同様にF1でのレースをエンジョイしていると語った。ライコネンの現在の契約期限は、今シーズン末までとなっている。彼自身は以前からフェラーリに残留したいと明言しているものの、チームはまだ彼との契約を延長すべきかどうか思案している。

 2001年にF1にデビューした当時と比べて、今年の調子はどうか、そして昔と同様に楽しめているかとの質問に、ライコネンは次のように答えた。

「僕に関して、世間の人々にはいろいろな意見があるようだ。でも、いつも言っているように、もう楽しくない、うまくドライブできない、あるいは100%を出しきれないと思ったら、僕はF1をやめるつもりでいる。それはいまも変わっていない」
「自分ではこれまでと変わらず、いいドライビングができていると思う。こんなドライビングじゃダメだと感じたら、自分からF1を降りるつもりでいるけど、いまのところはそうではないからね」

「世間の人は結果だけを見て、こんな成績ではもの足りないと言うけど、成績が良くないからといって、必ずしもそのドライバーが100%の努力をしていないとか、モチベーションを失っているとかいうことにはならない。僕はもしもモチベーションを失ったら、そのままレースを続けて自分の時間やチームの時間をムダにはしないつもりだ」

「成績が良ければ、僕だってその方が楽しい。だが、そのときだけ特にドライビングが良かったわけじゃない。自分のまわりのパッケージ全体が良かったときに、好成績につながるんだ。たくさんの小さなことを正しいところへ積み重ねることで、状況は良くなっていく」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング