F1 ニュース

投稿日: 2018.07.03 12:20

ピレリF1「高い路面温度によってタフなレースに。多彩な戦略が展開された」


F1 | ピレリF1「高い路面温度によってタフなレースに。多彩な戦略が展開された」

2018 オーストリアグランプリ決勝

■レッドブルのマックス・フェルスタッペン、レッドブルリンクで優勝:スーパーソフト-ソフトと繋ぐ1ストップ戦略を採用

■レース週末中、最も高温となった路面温度が2ストップ戦略を促進

■トップ10内で多彩な戦略が展開された一方、通常よりも多くのメカニカルトラブルによるリタイアが発生

2018年7月1日、シュピールベルク
 このレース週末中で最も高い、40℃を超える路面温度が、オーストリアグランプリに大きな影響を及ぼし、波乱の展開を含む接戦が展開されました。このコンディション下、複数のマシンでブリスターが発生し、各チームによる戦略は広範囲に渡りました。

 トップ10ドライバーが1ストップ戦略を採用した一方、下位では2ストッパーを余儀なくされたドライバーも存在しました。また、通常よりも多くのメカニカルトラブルによるリタイアが発生し、チャンピオンシップの状況を一変させました。

 4番グリッドからスーパーソフトでスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、チームのホームレースを制しました。フェルスタッペンを含むトップ10グリッド中の4名が、スタート時にスーパーソフトを装着していました。

 レースのファステストラップは、2位を獲得したフェラーリのキミ・ライコネンによってファイナルラップで記録されました。

ピレリカーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント

「レース週末中で最も高くなった路面温度によって、高速レッドブル・リンクでのレースは非常にタフなものになりました。このコンディションが複数のマシンでブリスターを誘発し、表彰台のドライバーたちは皆1ストッパーでしたが、1ストップと2ストップによる多彩な戦略が展開されました」

「ほぼ全ドライバーがソフトタイヤで第2スティントを走行したことで、ブリスターの影響が顕著になりました。ソフトタイヤは今回の3種類のコンパウンド中で最も摩耗が少なく、従って、より多くのラバーと熱を含み、それがブリスターの影響を受けやすくしたと言えます」

「緊迫したエキサイティングなレースの結果は、チャンピオンシップ争いをもつれさせることとなりました。これから、来週のレースが開催されるシルバーストンへ向かいます」


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
南まりあ(みなみまりあ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング