F1ニュース

2018.11.11

ベッテルが車重計測の際に問題行動も、グリッド降格を免れる。戒告と320万円の罰金処分に


F1 | ベッテルが車重計測の際に問題行動も、グリッド降格を免れる。戒告と320万円の罰金処分に

 予選2番手を獲得した直後、この件について聞かれたベッテルは、予選の重要なタイミングでドライバーを計測に呼ぶのはフェアではないとオフィシャルを批判した。
「(ああいう状況のなかで車重計測に)呼ぶべきではない」とベッテル。
「今日のようにコンディションが変化しているときに呼ぶのはフェアではないと思う」
「作業を急いでほしかった」

 予選後、スチュワードはベッテルとフェラーリ代表者を呼び、データ等をチェックして調査を行った結果、ベッテルに戒告と25000ユーロ(約320万円)の罰金を科すことを発表した。

 状況からして厳罰が科される可能性も懸念されていたが、大方の予想よりは寛大な処置になった。スチュワードは、その理由は、ベッテルはFIAガレージで止まり、確立された手順でのタイミングではなかったにしても、最終的にはエンジンも止めていたため、スポーティングレギュレーション第29.1条a.iに対する違反を犯していないという判断になったと説明した。

 しかしスチュワードはベッテルの行動に問題があったとも主張している。

「スチュワードは、ドライバーは、重量計のそばにいたオフィシャルに指示された時にはエンジンを止めず、ドライバーが重量計に自走で乗るのを防ぐために置かれたコーンを跳ね飛ばし、自走で重量計に乗ったことを確認している」とリリースには記されている。

「彼はマシンの正面に立っていたオフィシャルから、『ブレーキ・オン』のサインを示されたが、その時、オフィシャルに衝突はしなかったものの、重量計に自走で上り、オフィシャルを脇にどかせた。彼はその後でエンジンを切った」

「計測が行われた後、彼はオフィシャルがマシンを重量計から降ろすのを待たなかった。これはオフィシャルからの指示を誤解した可能性があることをスチュワードは受け入れる。しかし彼はエンジンをかけて重量計から降りており、この行為は重量計を壊す可能性があるため、通常の手順とは異なっている」

 スチュワードは、ベッテルが安全に秩序に則って作業を行うために担当オフィシャルが行った指示に従わなかったとして判断し、戒告処分と罰金25000ユーロというペナルティを科すことを決めたと説明している。ベッテルは降格ペナルティを受けなかったため、決勝を2番グリッドからスタートする予定。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング