F1ニュース

2018.11.19

トロロッソ・ホンダ甘口コラム ブラジルGP編:スペック3でパワーと信頼性を確認できたことが大きな収穫


 トロロッソ・ホンダの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のトロロッソ・ホンダのコース内外の活躍を批評します。F1第20戦ブラジルGPを、甘口の視点でジャッジ。

――――――――――――

 トロロッソ・ホンダにとってのブラジルGPは、第17戦日本GP以来、3戦ぶりにポイントを獲得できなかったレースとなった。ただし、収穫はいくつかあった。それは日本GP以来、3戦ぶりに予選でQ3に進出したことだ。トロロッソのブラジルGPでのQ3進出は2015年のマックス・フェルスタッペン以来3年ぶりだった。

 その要因のひとつは、車体のセットアップが金曜日から土曜日にかけて改善したことだ。

「中団グループの戦いがかなり接近していたので、その中でどのようにして上位に食い込むことができるかが、Q3に進出する鍵となっていたんですが、マシンのセットアップが金曜日よりもまとまったことと、(ピエール・)ガスリーがQ2でうまくアタックしてくれたおかげで、Q3に進出することができました」と、田辺豊治F1テクニカルディレクターはトロロッソ側の仕事ぶりを称えたが、ホンダがブラジルGPから再投入したスペック3のパワーユニットが、パワー感度の高いインテルラゴスで少なからず、トロロッソの車体を後押ししたことも忘れてはならない。

 ブラジルGPの予選での最高速度を見ると、Q3に進出したガスリーに関しては、ルノー勢6台を上回っていた。これは最高速だけでなく、3コーナーから4コーナーにかけてのバックストレートエンドにあるセクター1通過点での速度に関しても同様で、ガスリーはルノー勢6台のほかにもフォース・インディアのエステバン・オコンとハースのケビン・マグヌッセンより速かった。

 田辺TDも再投入されたスペック3については、「パワーユニットのスペックアップに対するハフォーマンスアップも確認できています。オシレーション(共振)に関しても、問題がなかったアメリカGPからさらに細かいところを改善していて、許容範囲内で最適化を進められました」と評価していた。

 残念ながら、日曜日のレースではブレンドン・ハートレーが11位、ガスリーは13位という結果に終わったが、それはロングランのペースが、ショートランほど良くなかったからだった。

■トロロッソ・ホンダのロングランペースが遅かった原因


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

WAKO'S GIRL/2018SGT
一瀬優美(いちのせゆうみ)

Photo Ranking

フォトランキング