F1 ニュース

投稿日: 2019.06.01 07:30
更新日: 2019.06.01 05:27

ウイリアムズF1副代表、「改善の兆しがある」と今後のパフォーマンス向上に期待


F1 | ウイリアムズF1副代表、「改善の兆しがある」と今後のパフォーマンス向上に期待

 しかし、現在のマシンにはいまだに問題がある。

「スペインでのレースペースは予想を大きく下回っていた」とラッセルは語った。

「バルセロナでは、予選では期待以上に大きく差を縮めることができた。それがレースになると予想以上に差が大きくなっていたんだ」

 製造の遅れにより、ウイリアムズの新車はプレシーズンテストのうちほぼ3日間を走行できなかった。

「最初のテストに出向いてみたら、作られたマシンはあまり良いものではないということだった」とクビサはFW42について語った。

「大幅な遅れがあり、そのことは助けにならなかった。だが、もしマシンがなかったら、今ポイントを賭けて戦うことはできないからね」


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ADVICS muta Racing fairies
藤井マリー(ふじいまりー)

F1 Photo Ranking

フォトランキング