F1 ニュース

投稿日: 2019.07.13 15:38
更新日: 2019.07.13 16:14

フェラーリのレースペースはメルセデスより0.7秒遅い?「タイヤが持たず苦しんでいる」とルクレール:F1イギリスGP


F1 | フェラーリのレースペースはメルセデスより0.7秒遅い?「タイヤが持たず苦しんでいる」とルクレール:F1イギリスGP

 2019年F1イギリスGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=5番手/2=3番手だった。
 ルクレールはFP1で21周を走行し1分28秒253、FP2では30周を走りこみ1分26秒929を、いずれもソフトタイムで記録した。
 チーム代表マッティア・ビノットは、フェラーリはひどいアンダーステアに苦しんでおり、そのために燃料を多く積んで走行するとすぐにタイヤを傷めてしまうと、Formula1.comに対してコメントしている。Formula1.comは、金曜のタイムを見る限り、フェラーリのレースペースはメルセデスより約0.7秒遅いとの分析を行っている。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング