F1 ニュース

投稿日: 2019.07.14 13:27
更新日: 2019.07.14 13:28

フェラーリ、ロングラン改善で大胆なタイヤ戦略をチョイス「ソフトスタートに勝機あり」とルクレール:F1イギリスGP


F1 | フェラーリ、ロングラン改善で大胆なタイヤ戦略をチョイス「ソフトスタートに勝機あり」とルクレール:F1イギリスGP

 2019年F1イギリスGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは3番手(1分25秒172)だった。ルクレールはQ2の最初のランでミディアムタイヤを使ってトップタイムをマーク、しかし2回目のランでソフトに履き替えて自己ベストを更新した。その結果、ルクレールは決勝をソフトタイヤでスタートすることになる。
 金曜プラクティスでのフェラーリのロングランペースはあまりよくなく、タイヤに苦労していたため、ルクレールとセバスチャン・ベッテルの両車がソフトをスタートタイヤに選んだことは驚きをもって受け止められた。メルセデスとレッドブルの4台はミディアムタイヤでスタートする。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン


村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング