F1 ニュース

投稿日: 2019.07.26 13:37

F1ドイツGP、DRSゾーンが1カ所廃止、2カ所の設定に


F1 | F1ドイツGP、DRSゾーンが1カ所廃止、2カ所の設定に

 2019年のF1ドイツGPでは、オーバーテイク促進のためのシステム、DRS(ドラック・リダクション・システム)を使用できるゾーンが昨年からひとつ減らされ、2カ所の設置になることが明らかになった。

 ホッケンハイムのピットストレートでのDRSゾーンが今年は廃止され、ターン1の60メートル後(ディテクションエリアはターン1の103メートル手前)、ターン4の140メートル後(ディテクションエリアはターン4出口)の2カ所になる。
                    
                   
                        
                           


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング