F1 ニュース

投稿日: 2016.10.02 15:14
更新日: 2016.10.02 15:39

メルセデス「スタート失敗のリスクは解消されていない」


F1 | メルセデス「スタート失敗のリスクは解消されていない」

 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフによると、メルセデスのクラッチの問題は、来季に向けて重点的に取り組むべき領域のひとつであり、いまもスタート失敗のリスクは解消されていないという。

 スタートでの出遅れは、彼らがシーズンを通じて抱えてきた課題であり、先頃ルイス・ハミルトンは、これについて「すぐに直せるものではない」と語っている。

 チームが講じた当面の対策もあって、ハミルトンとニコ・ロズベルグは、シンガポールではクリーンなスタートを切ることができた。しかし、まだ問題が片付いたわけではないと、ウォルフは言う。

「ドライバーにとって、操作がかなり難しいことが問題だ。来年に向けて取り組むべき領域のひとつだね。この問題を何とかして解決する必要があるし、まだスタートで出遅れるリスクはある」

 2台のメルセデスは、日曜のマレーシアGPをフロントロウからスタートする。
「私たちの場合、グリッドの最前列にいるから目立つということもある。スタートでミスをすれば、みんなに見られてしまうんだ」と、ウォルフは言う。

「だから、問題が実際よりも大きく見えている。競争相手のチームでも、スタートが良かったり悪かったりという波は、往々にしてあるものだ」

「これはきわめて複雑な領域だ。クラッチ板の材質、クラッチ全体の構造、ドライバーによる操作、バイトポイントなどなどが、相互に絡み合ってくるからね。私は、まだこの部分に改善の余地があると思っているし、それはチームのエンジニアたちも承知している」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

WAKO'S GIRLS
南まりあ(みなみまりあ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング