F1 ニュース

投稿日: 2019.11.22 19:21
更新日: 2019.11.22 19:22

若年齢化の進むF1。最年長のライコネンは「40歳でレースをしていると言われても信じなかっただろう」


F1 | 若年齢化の進むF1。最年長のライコネンは「40歳でレースをしていると言われても信じなかっただろう」

 アルファロメオのキミ・ライコネンは、40歳という年齢になってもまだ自分がF1で走り続けているという事実に戸惑いも感じているようだ。約19年前にF1に初参戦したころには、今の状態を想像もしていなかったという。

 F1では、ここ数年ドライバーの若年齢化が進んでいる。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ランス・ストロール(レーシングポイント)、ランド・ノリス(マクラーレン)といった若手は、いずれも10代の時点で表彰台を目指すチャンスを得た。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング