F1 ニュース

投稿日: 2019.12.11 14:38

マクラーレン躍進に貢献した空力部門責任者がハースF1に移籍か


F1 | マクラーレン躍進に貢献した空力部門責任者がハースF1に移籍か

 2019年のコンストラクターズ選手権を4位で終えたマクラーレンは、2012年の3位獲得以来最も成果を挙げたシーズンとなった。

 チームの成功の一部は、空力部門責任者であるギヨーム・カテラーニに負うところが大きい。しかし現在の彼は、マクラーレンを離れて他のチームで仕事をするため、“ガーデニング休暇”に入っている。


関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング