F1 ニュース

投稿日: 2019.12.19 18:27
更新日: 2019.12.19 18:50

デジタル分野への投資に消極的だったエクレストン、ハミルトンにSNS投稿の停止を要求していた


F1 | デジタル分野への投資に消極的だったエクレストン、ハミルトンにSNS投稿の停止を要求していた

 元F1最高経営者のバーニー・エクレストンは、在職期間中はウェブやソーシャルメディアなどデジタル分野への投資については消極的な立場だった。その一方で現在のF1のオーナーであるリバティ・メディアは、デジタル分野には長期的なポテンシャルがあると考えている。

 エクレストンは40年にわたってF1に君臨してすべてを網羅していたが、1990年代後半にインターネットが出現した際には、F1をウェブに登場させて活用することに経済的メリットを見いだすことはなかった。またソーシャルメディアが登場したときには、エクレストンは同様の立場を取り、非常に制限の強いポリシーによって、流出する画像や映像を厳しくコントロールした。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています