F1 ニュース

投稿日: 2020.01.15 18:34
更新日: 2020.01.15 18:37

サウジアラビア、早ければ2021年より市街地コースでF1開催か。隣国バーレーンは開催を拒否せず


F1 | サウジアラビア、早ければ2021年より市街地コースでF1開催か。隣国バーレーンは開催を拒否せず

 F1のオーナーであるリバティ・メディアとグランプリの開催について話し合いを行っていると報じられたサウジアラビアは、リバティとの契約締結が間近の状況だという。早ければ2021年からF1を開催することになりそうだ。

 イギリスの『Daily Mail』によると、リバティは毎年5000万英ポンド(約71億5800万円)の支払いをサウジアラビアの国有石油企業『サウジアラムコ』から受けて、同社をグローバルスポンサーとする契約を締結したという。早ければ2021年より、首都リヤドに次ぐ大都市であるジッダの市街地コースでレースが開催される可能性があり、また2022年以降は常設サーキットでサウジアラビアGPが開催されるようになるという。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

PUMA
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング