F1 ニュース

投稿日: 2020.08.12 18:10
更新日: 2020.08.12 18:13

F1ハンガリーGPの一件を受けて、FIAがフォーメーションラップ中の無線規制を見直しへ


F1 | F1ハンガリーGPの一件を受けて、FIAがフォーメーションラップ中の無線規制を見直しへ

 F1第3戦ハンガリーGPのフォーメーションラップ中にハースF1チームとドライバーらがタイヤ交換に関するやり取りをしたことを受けて、FIAは、フォーメーションラップ中のチームとドライバー間の無線通信について制限を見直すことになった。

 ハンガリーGPのフォーメーションラップでは、ケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンのふたりが、ウエットタイヤからスリックタイヤに交換するために、チームからフォーメーションラップの終わりにピットストップを行うよう指示された。この大胆な戦略によりマグヌッセンは順位を上げることができたが、レース後に彼とグロージャンはふたりとも無線通信規則に違反したとして10秒のタイムペナルティを科された。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
野田桃加(のだももか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング