F1 ニュース

投稿日: 2016.10.31 12:03
更新日: 2016.11.02 12:12

ピレリ「大半が1ストップを選択するなか、リカルドが全コンパウンドを使用した」


F1 | ピレリ「大半が1ストップを選択するなか、リカルドが全コンパウンドを使用した」

2016メキシコグランプリ決勝

メルセデスのルイス・ハミルトン、1ストップ戦略で優勝:
メキシコグランプリ史上、屈指の高速スピードを計測

1ストップと2ストップ戦略が展開:
大半のドライバーがソフトでスタート後、1ストップ戦略を採用

レッドブルのダニエル・リカルドは独自の戦略を実行:1周でミディアムへ交換し、全3種類のスリックコンパウンドを使用

2016年10月30日、メキシコシティ

 メルセデスのルイス・ハミルトンが、ポール・トゥ・ウインでメキシコグランプリを制しました。ソフトタイヤでスタートしたハミルトンは、ミディアムへ交換する1ストップ戦略を採りました。

 レース中のスピードトラップで、ウィリアムズのヴァルテッリ・ボッタスが、ミディアムタイヤで時速372kmを計測しました。このスピードは、Formula1の決勝における最高速度に迫るものです。

 フロントローを独占したメルセデスを含む大半のドライバーが、ソフトコンパウンドでスタートしました。2列目に並んだレッドブルの2台は、スーパーソフトでスタートしました。

 スーパーソフトは、ソフトよりも短い第1スティントになる代償として、理論的にはスピードのアドバンテージをレッドブルにもたらすことを可能にしました。
19-Mexico-Race1-4k-EN
19-Mexico-Race2-4k-EN
 しかし、ダニエル・リカルドは、1周目のバーチャルセーフティーカー導入中にミディアムタイヤへ交換し、その後、2回目のピットストップでソフトへ交換しました。

 全3種類のスリックコンパウンドを使用したリカルドは、最終スティントでのソフトタイヤのスピードを活かして4位を獲得しました。

 トロ・ロッソのダニエル・クビアトとミディアムでスタートしたザウバーのフェリペ・ナッセ以外のドライバーは、第2スティントでミディアムタイヤを使用しました。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ソフト勢で最長の第1スティントを走行し、32周目にミディアムへ交換しました。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング