F1 ニュース

投稿日: 2020.09.16 07:20
更新日: 2020.09.16 07:47

フェルスタッペン、シーズン3回目のリタイアで意気消沈「タイトルの目標は2021年以降に持ち越さざるを得ない」


F1 | フェルスタッペン、シーズン3回目のリタイアで意気消沈「タイトルの目標は2021年以降に持ち越さざるを得ない」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2020年F1第9戦トスカーナGPでシーズン3回目のリタイアを喫した後、今年メルセデスに勝つのは困難であるとの考えを示した。現在ポイントリーダーであるメルセデスのルイス・ハミルトンと3位のフェルスタッペンの差は80点に拡大した。

 トスカーナGPでフェルスタッペンは3番グリッドから好スタートを決めたものの、パワーユニット(PU/エンジン)の不調を訴え後退。そこでアクシデントに巻き込まれ、1周目でリタイアすることになった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング