F1 ニュース

投稿日: 2020.09.19 11:00
更新日: 2020.09.19 01:57

【今週の気になるニュース】2021年のF1シートを巡るストーブリーグが激化。フェラーリ育成の若手が台頭


F1 | 【今週の気になるニュース】2021年のF1シートを巡るストーブリーグが激化。フェラーリ育成の若手が台頭

 2020年F1第9戦トスカーナGPの開幕直前、来年からアストンマーティンとしてスタートするレーシングポイントが、セルジオ・ペレスの今シーズン限りでの離脱と、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の加入を発表した。これによりペレスの去就に注目が集まっている。

 9月18日の時点で2021年のシートがふたつとも確定しているのは、フェラーリ、マクラーレン、ルノー、ウイリアムズの4チームのみで、これ以外の6チームのうち、メルセデス、レッドブル、レーシングポイントの3チームはまだひとつが発表されていない。さらに残るアルファタウリ・ホンダ、アルファロメオ、ハースの3チームはふたつとも未定のままとなっている。つまり、まだ9つのシートについて確定したという発表が行われていない。