F1 ニュース

投稿日: 2016.11.14 16:44
更新日: 2016.11.14 16:55

「涙が止まらなかった」。母国ラストランのマッサに他チームも拍手:ウイリアムズ F1ブラジル日曜


F1 | 「涙が止まらなかった」。母国ラストランのマッサに他チームも拍手:ウイリアムズ F1ブラジル日曜

 2016年F1ブラジルGP決勝で、ウイリアムズのフェリペ・マッサはクラッシュし、最後の母国GPをリタイアで終えた。バルテリ・ボッタスは11位だった。

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ 決勝=リタイア
 今日のこの気持ちは言葉にできない。いろいろなことが起き、たくさんの愛を感じた。

 完走することができなかった。いい形でレースを走り切ってチェッカーを受けたかったが、残念ながらそれはできなかった。でも神は何をすべきかをご存じだ。

 母国のファンの前を歩き続けた。彼らは素晴らしい反応を示してくれた。ファンだけでなくF1界の人たちも出てきて拍手してくれた。この時の気持ちは言葉で表現できない。自分の人生にこういうことが起こるなんて考えたこともなかった。自分はここまでしてもらえるほどの人間ではないと思っている。

 少なくともこれだけは言える。皆に心から感謝しているということだ。一緒に働いた人たち、すべてのファンにありがとうと言いたい。今日という日を一生忘れることはないだろう。

2016年第20戦ブラジルGP フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)、母国ラストランを終えて涙
2016年第20戦ブラジルGP フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)、母国ラストランを終えて涙

(クラッシュで最後の母国GPを終えたことについて語り)胸が張り裂けそうだった。こんな風に終えたくはなかった。いい結果で締めくくりたかったんだ。残念ながらそれはかなわなかった。

 コーナーに入ったら、突然アクアプレーニングが起きてスライドし、マシンを止められなかった。でも神はなすべきことをご存じだ。ファンの目の前に僕を止めようと思われたのかもしれない。

 ファンの声援にあまりにも感動してしまい、涙が止まらなかった。

2016年第20戦ブラジルGP 母国ラストランを終えたフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)に他チームも拍手
2016年第20戦ブラジルGP 母国ラストランを終えたフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)に他チームも拍手

(ピットレーンに着くとウイリアムズだけでなくメルセデスやフェラーリのメカニックたちも出てきて拍手で迎えたことについて)そんなことしてもらえるなんて思ってもいなかった。メルセデスとは一緒に働いたことすらない。すごく人間的な温かい対応だった。

 皆からの愛を感じた。他のチームも拍手してくれたんだ。忘れられない日になった。自分はそこまでしてもらうのにふさわしい人間だとは思っていない。

(アブダビでの)最後のレースをめいっぱい楽しみたい。できれば表彰台、そこまでいかなくてもいい結果を出したいね。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

Yogibo Racing Girls
東海林里咲(しょうじりさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング