F1 ニュース

投稿日: 2021.02.20 11:36
更新日: 2021.02.20 11:39

ピレリF1、全23戦の指定タイヤコンパウンドを発表。ドライバーごとの選択はなし


F1 | ピレリF1、全23戦の指定タイヤコンパウンドを発表。ドライバーごとの選択はなし

 F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、2月19日、2021年F1全23戦に関してそれぞれの週末に使用するタイヤコンパウンドを発表した。

 ほとんどのグランプリが2020年あるいは2019年のチョイスと同じだが、アゼルバイジャンとブラジルについては、1段階ソフト寄りに変更された。

 パンデミックの影響でロジスティクス面での困難が予想されるため、F1競技規則において、タイヤ選択に関する変更がなされた。2019年には、ヨーロッパのグランプリについては8週間前、それ以外のグランプリにおいては14週間前に、グランプリに持ち込まれるタイヤコンパウンドのチョイスがなされ、ドライバーごとに異なる選択をすることが可能だった。しかし、今年はすでに全23戦のコンパウンドが定められ、全ドライバーにハード2セット、ミディアム3セット、ソフト8セットが一律で提供されることが決まっている。ただし、ピレリとFIAは、レースの15日前までは選択を変更する権利を有している。