F1 ニュース

投稿日: 2021.03.13 13:58
更新日: 2021.03.13 14:02

事前シェイクダウンなしでテストに臨んだメルセデスF1に思わぬトラブル「大きく出遅れ。パフォーマンスにも不満足」


F1 | 事前シェイクダウンなしでテストに臨んだメルセデスF1に思わぬトラブル「大きく出遅れ。パフォーマンスにも不満足」

 7連連続F1チャンピオンのメルセデスは、2021年F1プレシーズンテストで、新車W12をコースデビューさせた。ところが午前セッションを担当したバルテリ・ボッタスが走り出した直後にギヤボックスにトラブルが発生、これが初日のプログラムに大きく影響した。

 メルセデスは唯一、事前のシェイクダウンなしにテストに臨んだ。チームによると、初日1周目にギヤシフトの問題が発生、ギヤボックスの交換を行ったという。午前セッション終盤にボッタスはコースに復帰したが、合計6周しか走行できずに終わり、タイムはこの日参加した17人中最下位に終わった。

 午後のセッションには予定どおりルイス・ハミルトンが登場した。ハミルトンは42周を走行したものの、ベストタイムは1分32秒912(C2タイヤ)で10位にとどまった。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング