F1 ニュース

投稿日: 2021.03.15 14:37

レッドブル・ホンダ分析:開発が間違いでなかったことを証明したテスト最終日。最速タイム記録も、慎重な姿勢


F1 | レッドブル・ホンダ分析:開発が間違いでなかったことを証明したテスト最終日。最速タイム記録も、慎重な姿勢

 プレシーズンテスト最終日、レッドブル・ホンダは前日までとは異なるテストプログラムを消化していた。初日にマックス・フェルスタッペンが新車のデータ取りを行い、2日目にセルジオ・ペレスがレースシミュレーションを無事完了。3日目は前半と後半のセッションでドライバーを変え、それぞれセットアップを煮詰めた後、予選シミュレーションを行った。

 午前10時から開始された前半セッションを担当したのはペレス。このテストで初めてC4タイヤを履いて、1分30秒187のトップタイムマーク。これは前日にバルテリ・ボッタス(メルセデス)が記録した1分30秒289を上回る今年のプレシーズンテスト最速タイムだった。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

2021リアライズガールズ
前田真実果(まえだまみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング