F1 ニュース

投稿日: 2021.03.15 09:22
更新日: 2021.03.15 09:24

ホンダ、1-2で充実のテストを終了「開幕戦まで実力は見えないが、大きな問題なく準備ができた」と田辺TD【F1テスト3日目】


F1 | ホンダ、1-2で充実のテストを終了「開幕戦まで実力は見えないが、大きな問題なく準備ができた」と田辺TD【F1テスト3日目】

 バーレーン・インターナショナル・サーキットでの2021年F1テスト3日目最終日、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマーク、2番手にアルファタウリ・ホンダの角田裕毅が続いた。ふたりは3日間総合のタイムでも1位、2位に続き、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車がワンツーを飾る結果となった。

 3月14日、午前セッションにはレッドブルからセルジオ・ペレス、アルファタウリからピエール・ガスリーが出場。ペレスは49周を走り、1分30秒187(C4タイヤ)で午前セッションでは最速、この日全体の8番手となった。ガスリーは76周のなかで1分30秒828(C4タイヤ)をマークし、午前では4番手、午前午後総合では12番手だった。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム