F1 ニュース

投稿日: 2021.04.19 12:47

【角田裕毅F1第2戦密着】赤旗後のスピンで入賞逃す。走り出しは「無理せず慎重に、集中力を維持したい」と重要性を痛感


F1 | 【角田裕毅F1第2戦密着】赤旗後のスピンで入賞逃す。走り出しは「無理せず慎重に、集中力を維持したい」と重要性を痛感

 レースを終えて、ジャーナリストたちが待つ『メディア・ペン』の取材エリアにやってきた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、木曜日までの笑顔はまったくなかった。それは、次のような第一声からもわかる。

「本当に悔しい気持ちでいっぱいです」

 予選で大クラッシュした角田は、この日、パワーユニットとギヤボックスを交換し、最後尾からスタートした。オープニングラップで最後尾から15番手までジャンプアップ。「自分の意思でインターミディエイトタイヤでスタートした」という角田は、ウエットタイヤでスタートしたものの雨が上がり、ペースの上がらなくなったチームメートのピエール・ガスリーを交わして、13周目には13番手まで順位を上げた。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム