F1 ニュース

投稿日: 2016.11.29 08:00
更新日: 2016.11.29 14:48

「ハミルトンの戦略はフェアなもの」レッドブル代表がレース終盤の戦略を擁護


F1 | 「ハミルトンの戦略はフェアなもの」レッドブル代表がレース終盤の戦略を擁護

 F1アブダビGPにおいて、ルイス・ハミルトンがチームメイトのニコ・ロズベルグに対する行為を予測しなかったメルセデスは「浅はか」だったと、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが語っている。 

 ハミルトンはレース終盤、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとフェラーリのセバスチャン・ベッテルがロズベルグに追いつけるほどの速度で走行しており、何度か無線でペースを上げるよう指示されていた。レッドブルが同じ状況に陥った場合、ホーナーはドライバーに干渉しないと語った。

「あの状況では、彼ら次第でしかない。ふたりの間でしか起きないバトルだろう。おめでとう、ニコ。彼は素晴らしいシーズンを過ごして、非常に価値あるチャンピオンとなった。けれどもあの状況で、あれ以外のアプローチが存在したと考えるのは浅はかだ」

 チャンピオンの座を失いかけていたハミルトンの戦略は正当なものであり、批判されるべきではないとホーナーは付け加えている。

「ルール内での駆け引きだった。今日の彼にしてみれば、レースに勝つだけでは十分とは言えなかったんだ。ロズベルグとの間に入ってくるマシンが必要で、ペースを上げて距離を離してしまったら、可能性はなくなっていた」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

tomica
山本もえぎ(やまもともえぎ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング