F1 ニュース

投稿日: 2016.11.29 15:36
更新日: 2016.11.29 15:38

F1 Topic:パット・シモンズは2017年に引退か、後継者問題に悩むウイリアムズ


F1 | F1 Topic:パット・シモンズは2017年に引退か、後継者問題に悩むウイリアムズ

 フェリペ・マッサのラストレースとなったアブダビGPに、9月のイタリアGP以来、7戦ぶりにチーム副代表のクレア・ウイリアムズの姿があった。クレアは父親でチーム代表であるフランクが、イタリアGP期間中に体調を崩して入院したため、イタリアGP後から看病に専念していた。

 そのフランクが快方に向かい退院したのにともない、最終戦のアブダビGPから現場に復帰した。そのアブダビGPのパドックでは、クリアがチームのチーフテクニカルオフィサーを務めるパット・シモンズと何度となく真剣に話し合っていた。

 じつは、最近になってシモンズの周辺が慌ただしくなってきているからである。 

 シモンズが出席した日本GPの金曜日会見では、F1からの引退について質問されたこともあった。このときシモンズは、「トム・ ソーヤの冒険」の著者として知られるアメリカの小説家、マーク・トウェインの死亡記事がデタラメだったことがあるという歴史的背景を引用して、ウワサを一笑に付した。

 これは、1897年にアメリカのある新聞社が、トウェインの従兄弟の死を「トウェインが死んだ」という誤報。しかし、トウェインは「私が死んだという報道は誇張である」と手紙を書くにとどまり、誤報にも冷静な対応を行ったというエピソードである。


本日のレースクイーン

PUMA
一瀬優美(いちのせゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング