F1 ニュース

投稿日: 2021.09.05 16:25
更新日: 2021.09.05 16:26

ホンダF1田辺TD予選後会見:ポール獲得に「PUの最適化が順調に進んでいる」角田への3基目投入はやりくりの一環


F1 | ホンダF1田辺TD予選後会見:ポール獲得に「PUの最適化が順調に進んでいる」角田への3基目投入はやりくりの一環

 2021年F1第13戦オランダGPの予選では、初日から圧倒的な速さを見せていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が、予想どおりポールポジションを獲得した。ただし2番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)も0.038秒差まで詰めており、さすがの追い上げを見せた。

 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)もメルセデス2台の後ろにつける4番グリッド。一方、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)と角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は不運に見舞われたこともあり、16、15番手に終わった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

KOSEI CHAPTER
新井あやさ(あらいあやさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング