F1 ニュース

投稿日: 2016.04.04 11:41
更新日: 2016.04.04 13:42

「速さはあるのにアクシデントでチャンスを失った」:Fインディア バーレーン日曜


F1 | 「速さはあるのにアクシデントでチャンスを失った」:Fインディア バーレーン日曜

 2016年F1バーレーン決勝で、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは15位、セルジオ・ペレスは16位だった。

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=15位
 難しいレースだった。あまり予定どおりいかず、期待外れの結果になった。スタートの発進が遅く、ターン1に向けて出遅れた形になった。突然3、4台がエイペックスで渋滞し、僕は誰かに軽く追突してしまった。フロントウイングが壊れて1周目にピットに戻らなければならなくなった。その後は挽回するために2回ストップの戦略で走り、なんとか戦える位置に戻ろうとしたが、結局それは難しかった。常に渋滞に引っ掛かり、他車とバトルしていたため、タイヤのデグラデーションが大きくなった。

 今日は真のペースを発揮することができなかった。1周目の時点で台無しになり、皆と戦える位置を走れず、常に追いかけなければならなかったんだ。

セルジオ・ペレス 決勝=16位
 あまりいい週末ではなかった。昨日の予選結果から考えて、いいスタートを切る必要があるのは分かっていた。実際かなりいいスタートをして、たくさん順位を上げた。でもついてないことに2周目、(カルロス・)サインツと接触し、それによって僕のレースは台無しになった。彼のスリップに入っていたが、イン側のマーブルを踏んでしまった時、止まり切れなかった。

 ペースはよかったので、ポイントを大量につかめたはずだ。残念だよ。その後はタイヤのデグラデーションがひどくて苦労した。でも今日のレースについて結論を下すのは早い。ファクトリーでデータをチェックして、中国ではより強くなって戻ってきたい。この2戦はあまり運に恵まれなかった。でもペース自体はよかったから、じきに僕らにも運が向いてくるはずだ。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング