F1 ニュース

投稿日: 2017.01.19 12:33
更新日: 2017.01.19 12:49

元ルノーF1代表「今後はヒュルケンベルグがチームを引っ張っていく」


F1 | 元ルノーF1代表「今後はヒュルケンベルグがチームを引っ張っていく」

 フレデリック・バスールは、自身が下したルノーF1チームから去るという決断が、今季新加入のニコ・ヒュルケンベルグにとっては受け入れがたいものだっただろうと認めた。 

 ルノーがワークスとしての復帰して2016年シーズンを終えた後、バスールは上層部との意見の食い違いからチーム離脱を発表した。

 ルノーは今年、ジョリオン・パーマーのチームメイトとしてニコ・ヒュルケンベルグと契約した。バスールは、新加入のヒュルケンベルグがルノーのリーダー、そして精神的支柱になると歓迎していた。

 ヒュルケンベルグは2008年にフォーミュラ3のユーロシリーズでタイトルを獲得し、2009年にはGP2のタイトルも獲得したが、このとき彼が所属していたARTグランプリはバスールが代表を務めていたため、今回の離脱騒動はより複雑なものになった。

「ルノーを去るという決断を下すとき、そのことが大きなハードルになったんだ」バスールはヒュルケンベルグとの関係についてそう語った。

「私はニコと親しいので、ルノーが彼を獲得するために多くの力を注いだんだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

F1 Photo Ranking

フォトランキング