海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.04.26 06:45

好調のプラクティスから一転した琢磨の週末。スタート直後のミスが最後まで響く


海外レース他 | 好調のプラクティスから一転した琢磨の週末。スタート直後のミスが最後まで響く

 ロングビーチで5位フィニッシュ、ランキング6位につけてアラバマ州バーミンガムへと乗り込んだ佐藤琢磨(AJフォイト)は、プラクティス1日目に最速ラップをマーク。チームメイトのジャック・ホークスワースも2番手につけ、チームとして幸先の良い週末のスタートを切った。

 しかし、翌土曜日になって状況が一変。気温上昇によるコンディション変化のためか、プラクティス3でのマシンは安定感を失っており、修正を加えて臨んだ予選で、まさかのQ1敗退を喫した。ソフトコンパウンドのレッドタイヤを2セット投入してまでQ2進出を目指したルカ・フィリッピ(デイル・コイン・レーシング)が6番手に滑り込んだことにより、琢磨とホークスワースは0.015秒以下という超僅差でQ2進出を逃したのだった。

 ツィスティでアップダウンの多いバーバー・モータースポーツパークというコースでは、オーバーテイクが非常に難しい。佐藤は16番グリッドからレッドタイヤの新品を装着してレースに臨んだ。スタート直後に少しでも順位を上げたいという気持ちが現れていた。ところが、得意のスタートでポジションを上げることはできなかった。隊列が整ってグリーンフラッグが振られよう……という瞬間、彼の目の前の列でアクシデントが発生し、スタートはやり直しに。

 ここで接触などのあった3台、カルロス・ムニョス(アンドレッティ・オートスポート)、ミカイル・アレシン(シュミット・ピーターソン)、ホークスワースが最後尾に下がったことで、琢磨は3つのポジションアップを達成した。

 次のスタートでメインストレートから左、右と続く高速コーナーへ琢磨はスムーズにアプローチしたが、集団の背後に迫ったターン2で、他車との接触を避けようとアウトにラインを採った琢磨のマシンはバランスを崩して芝生まで飛び出す。

 コースの汚れた部分にリヤタイヤが乗ってグリップが失われた彼の右側を8台ものマシンがすり抜けていった。スピンこそ逃れはしたが、琢磨はこの時のミスで最下位まで転落してしまったのだ。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 リアライズガールズ
小泉奈央(こいずみなお)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング