海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.05.31 10:55
更新日: 2017.05.31 10:58

プレマ・セオドールレーシング 2017ヨーロピアンF3第3戦ポー レースレポート


海外レース他 | プレマ・セオドールレーシング 2017ヨーロピアンF3第3戦ポー レースレポート

FIA-F3 ヨーロピアンチャンピオンシップRd.3 ポーグランプリ
ランド・ノリス対プレマセオドール
ギュンターの二連勝とワン・ツー・フィニッシュで激闘を制覇

フランス ポー

 1933年に始まったポー・グランプリ。今年で67回目を迎えるこの伝統のレースは、美しい景観のポーの市街地で開催される公道レース。昔と寸分も違わぬ姿のそのコースはマカオ以上にスリリング。コース幅は狭くマカオの山側だけで構成されたようなレイアウトとなっている。

レース1

 予選で#53 カラム・アイロットがポール。#3 マキシミリアン・ギュンターが4番手、#8 周冠宇も7番手とトップ10内に3台が並んだ。チームで唯一、ポーが初めてとなる#25 ミック・シューマッハも13番手と決して悪くないグリッドを確保。

 トップのままレースをスタートしたカラムとは対照的にマキシミリアン、周はいずれも順位をやや落としてのスタートだったが、まだ一周もまわらないシケインで、トップのカラムがまさかのウォールにヒット。ピットに自力で戻りマシンを降りる。

レース1予選でPPを獲得したカラム・アイロット。レース2、レース3で連続表彰台を獲得
レース1予選でPPを獲得したカラム・アイロット。レース2、レース3で連続表彰台を獲得

 そのわずか2周後には10位を走行していた周も後続車に押されてクラッシュ。#1 エリクソン、#31 ノリス、#96 モーソン、#21 デニスにスタートで出遅れたマキシミリアンが喰いつく。

 16周目、突然の雨に足をすくわれリアを滑らせてしまったモーソンがバリアーに激しくヒット。すぐ後ろを走っていたデニスもこれに続いて同じ場所でバリアにヒットしてしまう。

 この二台のクラッシュしたマシンがばら撒くパーツがコース一面に散乱するなか、マキシミリアンだけが冷静すり抜けた。

 しかしフロントウイングの下に壊れたマシンのパーツを挟んでしまい、さらに次のコーナーでコントロール不能に陥ったデニスのマシンがマキシミリアンのサイドに激突。

 必死にマシンをコントロールし、バリアへのクラッシュを回避。まさに危機一髪のなかで3位のポジションを確保した。

 セーフティカーがコースイン。マキシミリアンはSCラン中に激しくマシンを左右に振ってパーツを外すことに成功。SCラン中にレース時間の30分が経過。SC解除の後プラス1周が掲示されファイナルラップ。

 マキシミリアンはここで無理に前を追わず後続をしっかりと引き離しフィニッシュ。3位の座を死守した。

 昨年、ここで自身の初優勝を飾った2016年 FIA-F3ランキング2位のマキシミリアン。今年からメルセデスAMGのDTM開発ドライバーとなった彼はこのレースで自身の闘志に火がついたのかこれ以降、素晴らしい活躍をすることになる。

 一方、初のポーを生き残ったミックは8番手でゴール。しかしレース後にペナルティを受け9位へと降格されてしまった。

レース2


関連のニュース

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング