海外レース他 ニュース

2017.09.03

インディ第16戦予選:ラストアタックで魅せたロッシが初のポール獲得。琢磨も4番手


海外レース他 | インディ第16戦予選:ラストアタックで魅せたロッシが初のポール獲得。琢磨も4番手

 ワトキンス・グレン・インターナショナルで開催されているインディカー・シリーズ第16戦。2日に行われた予選では、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が自身初となるポールポジションを獲得した。佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)は、Q3に進出し予選4番手から決勝に挑む。

 熾烈なチャンピオン争いが繰り広げられているインディカー・シリーズ。“ザ・グレン”と呼ばれる高速サーキットで躍進したのは契約延長を発表したばかりのアレクサンダー・ロッシだった。

 前日のプラクティスから上位につけていたロッシは、予選前のプラクティスでもスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)に次ぐ2番手を獲得し、順調な仕上がりを見せ予選へと挑む。

 ふたつのグループに分かれて行われるQ1。グループ1はロッシがトップ、グループ2ではディクソンがトップでQ2へと進む。12台で争われるQ2でもディクソンがトップ、2番手にロッシが続く。

高速ロードコースで速さを見せるスコット・ディクソン

 佐藤琢磨もQ2では3番手に入り、チャーリ・キンボール(チップ・ガナッシ)、エリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がファストシックスへ進出。

 チャンピオンを争うウィル・パワー、シモン・パジェノーはここで敗退となってしまう。

 ここまでトップ通過でディクソンはファストシックスでも躍動。ポールのボーナスポイントを得るべく果敢なアタックでトップに立つ。しかし、ディクソンのタイムをラストアタックでロッシが逆転。

 ロッシは1分22秒4639とトラックレコードを更新し、参戦2年目で初のポールポジションを獲得した。

チームメイトのマルコ・アンドレッティと握手を交わすアレクサンダー・ロッシ

「僕たちが必要としていた大きなラップになった。前のラップもかなり良かったんだけど、無線で少なくとも0.1秒は必要だと言われたんだ。だからポール獲得のためによりリスクを負ってアタックしたよ」

「クルマの状態はとても良くて、5番手以下に下がったことはなかった。ついにポール獲得を成し遂げることができて素晴らしいね」とロッシ。

 2番手はディクソン、3番手にニューガーデンが続き、佐藤琢磨は4番手を獲得した。

予選4番手と好位置につけた佐藤琢磨

「ライアン(ハンター-レイ)もマルコ(アンドレッティ)も今週末とてもコンペティティブだし、全員がとてもポジティブだと感じています。そして、アレクサンダー(ロッシ)におめでとうと言いたいですね」

「彼は僕たち全員を打ち負かすために素晴らしい仕事をしました。0.1秒差で負けてしまい少し残念ですね。アンドレッティ・オートスポートのチーム是認が協力して作業を進めていて、その一部になることを誇りに思っています」と琢磨はコメントしている。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
鳴村なか(なりむらなか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング