海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.10.10 11:36

FIA F2:プレマ・セオドールレーシング 2017年第10戦スペイン レースレポート


海外レース他 | FIA F2:プレマ・セオドールレーシング 2017年第10戦スペイン レースレポート

フェラーリJr. シャルル・ルクレールが初代FIA-F2タイトル獲得!

2017年10月6~8日
スペイン/サーキット・デ・ヘレス

 絶対的な速さは誰もが認める#1 シャルル・ルクレールだがシャルル自身以外の問題で周囲をハラハラさせた今シーズン。2017年カレンダーで唯一、F1GPサポートレースでは無い今回のレースはヨーロッパの最南端、スペインはアンダルシア州ヘレスにその舞台を移して開催された。

 レースフォーマットはF1GPサポート時と全く同じで金曜日のフリープラクティスから始まった。

 この走行でシャルルはトップタイムを叩き出したものの、2番時計の#9オリバー・ローランドとのタイム差は僅か0.16秒。安心できる要素は一つもない状況だ。
 
 一方の#2 アントニオ・フォーコ。こちらはセットアップ中にタイヤのパンクに見舞われ参加20台中、最も少ない周回数となってしまい15番手。タイム差はコンマ9秒差ではあるものの、煮詰め切っていないセットアップに、本番に向けて不安を感じざるを得ない状況となった。

予選

 シャルルは予選でもキチンとベストタイムをマークしポールを獲得。しかしポールを奪ったシャルルから1秒以内に14台がひしめくという激戦。決勝は相当な混戦が予想される。
 
 またFPでセットアップを決めきれなかったアントニオはシャルルに1秒以上離されてしまい15番手。ニュータイヤを入れたもののセットアップがさらに狂い、決勝までにシュミレーションを何度もし直した。

フィーチャーレース

 今年6月に亡くなったシャルルの父が現役時代(F3)に使っていたカラーリングのヘルメットでこのレースに臨むシャルル。彼のこれまでの全てを支えてくれた最愛の父に最高の結果で応えるべくグリッドに着いた。
 
 スタートからグイグイと飛ばしピットインした12周終了時点までに11秒、実に1周に付き1秒ずつ後続を引き離してのタイヤ交換。完璧なチームワークでタイヤを換えて5番手で復帰。しかしすぐにアントニオに抜かれて6位にダウン。残り26周を走りきる為にタイヤを的確に温めて行く。
 
 そしてグッドコンディションになった15周目から”いつもの”快進撃を始める。まずはアントニオを。ついですぐに#4グスタブ・マルジャ(レーシングエンジニアリング)をパス。


関連のニュース

本日のレースクイーン

JATCO Fan-Fun Girl
鈴木志歩(すずきしほ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング