海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.06.01 12:02

琢磨、7回目のインディ500は悔しい結果。チーム力の差が大きく響く


海外レース他 | 琢磨、7回目のインディ500は悔しい結果。チーム力の差が大きく響く

 世界一の伝統を誇るインディ500は、今年が記念すべき100回目の開催。例年以上に注目度は高く、全長2.5マイルの巨大スピードウェイは40万人を超える超満員のファンで埋め尽くされた。90年代前半までの熱狂がインディに帰ってきたのだ。

第100回インディ500スタート
第100回インディ500スタート

 今年が7回目のインディ500となる佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)は、黄色と青のスペシャルヘルメットを被って12番グリッドからスタートを切った。

■セッティングに苦しんんだ序盤

 最高気温が摂氏28度まで上昇した決勝日、多くのマシンがダウンフォースを多めに設定していたが、琢磨はマシンの動きが不安定でポジションを落としていく一方だった。ピットインする度にセッティングを変更、200周のレースが60周を越えた頃には20番手前後での戦いを余儀なくされていた。

 ところが、4回目のピットストップを終えると、ようやくマシンのバランスがコンディションにマッチ。16番手まで浮上したところでフルコースコーション発生。ピット作業の速さに助けられた後、コース上ではスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)やグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)とバトル。129周目にトップ10入りして9番手まで上がり、144周目を終えると彼らより前の6番手を走るまでになっていた。

 この後、大きなポイントとなるイエローが150周目に出された。その直前にピットしていたエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)やトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)にとってはラッキーだった。琢磨陣営はピット入り口がオープンになってから給油。これで順位は6番手から10番手に下がった。


本日のレースクイーン

BPR SOUL ANGEL
神楽万早実(かぐらまさみ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング