海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.07.10 17:50

NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 第18戦デイトナ レースレポート


海外レース他 | NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 第18戦デイトナ レースレポート

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第18戦デイトナ

エリック・ジョーンズがカップ・シリーズ初勝利!

 NASCARは『聖地』デイトナで今季2度目の開催。多発する『ビッグ・ワン(多重クラッシュ)』に有力ドライバーが次々に巻き込まれ脱落する波乱の展開の中、一時は周回遅れになるも巻き返した期待の若手、エリック・ジョーンズがファイナルラップの大逆転で念願のカップ・シリーズ初勝利を飾りました。

 エクスフィニティ・シリーズも荒れた展開となる中、ルーキーのクリストファー・ベルが3位でフィニッシュしました。

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第18戦 Coke Zero Sugar 400

開催日:7月7日

連続ビッグワンで上位勢次々脱落のサバイバル戦
エリック・ジョーンズがカップ・シリーズ初勝利!

 7月7日(土)、米国南東部フロリダ州デイトナビーチのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第18戦『Coke Zero Sugar 400』が開催されました。

 NASCAR最大のイベント、シリーズ開幕戦となる『デイトナ500』が行われる、『モータースポーツの聖地』デイトナで、開幕戦に続き今季2度目のカップ・シリーズ開催となります。開幕戦とは異なり、土曜日のナイトレースとして、やや短い400マイル(約640km)レースとして行われました。

 1周2.5マイル(約4km)のデイトナは、タラデガなどと並び、『リストリクター・プレート』という吸気量制限パーツの取り付けが義務づけられており、最高出力が制限されます。

 それでも最高速度はゆうに300km/hを越えますが、抑えられたパワーで速度を保つために、車両が縦に連なって空気抵抗を低減する「ドラフティング」というテクニックが重要となります。

 『ドラフティング』での超接近隊列走行でのバトルとなるため、ひとたびクラッシュが発生すれば、『ビッグ・ワン』と呼ばれる、多くの車両が巻き込まれる多重クラッシュになることも多く、いかに『ビッグ・ワン』に巻き込まれず、最後まで走り切って、終盤に順位を上げるかがポイントとなるコースです。

 トヨタ勢では過去、カイル・ブッシュが1勝、デニー・ハムリンが1勝を挙げています。

 7日(土)午後7時47分、2.5マイルオーバルを40周、40周、80周の3ステージ合計160周して競われる決勝レースがスタート。序盤トヨタ勢は中団グループでの走行を続けていましたが、ステージ1の終盤、カイル・ブッシュがポジションを挙げ2位フィニッシュ。

 しかし、カイル・ブッシュはステージ2スタート前のピットで行き過ぎてしまいポジションダウン。

 52周目、カイル・ブッシュ7位、12位でのステージ1フィニッシュからピットでポジションを挙げたハムリンが10位で再スタートが切られましたが、翌周27台もの車両が絡む『ビッグ・ワン』が発生。ハムリン、ダニエル・スアレツが巻き込まれ、早くもレースを終えることとなってしまいました。

 この『ビッグ・ワン』は間一髪でかわしたカイル・ブッシュでしたが、再スタート直後の2位争いで他車に押される形となりバランスを崩し、壁にヒット。大混乱となった後続が次々に突っ込む形となり、カイル・ブッシュはリタイア。

 この『ビッグ・ワン』に巻き込まれたエリック・ジョーンズは、ピットの懸命な作業により何とか修復してレースに復帰したものの、周回遅れとなってしまいました。


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング