海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.12.20 13:38

KTM、『クロスボウGT4』にEVOキット登場。「最高速強化でオーバーテイクを容易に」


海外レース他 | KTM、『クロスボウGT4』にEVOキット登場。「最高速強化でオーバーテイクを容易に」

 多彩な2輪モーターサイクルと4輪ライトウエイトスポーツカーを送り出すオーストリアのKTMと、ドイツの技術企業であるライター・エンジニアリングは、現地12月12日にFIA GT4規定マシンの『KTM X-BOW(クロスボウ)GT4 EVO』を発表。2020年シーズンに向け、複数のパーツを含むアップデートキットを供給するとアナウンスした。

 2019年シーズンは、ドイツのADAC GTマスターズのGT4クラスだけでなく、日本のピレリ・スーパー耐久シリーズ ST-Z(GT4)クラスにもケーズフロンティア SYNTIUM KTMとして参戦したKTMクロスボウGT4。オープントップの市販ロードカーに対し、大型リヤウイングを含めた空力パーツやルーフを備えるのが最大の特徴で、その心臓部にはアウディ製の2リッター直列4気筒直噴ターボが搭載されている。

 KTMとともにGT4規定車両の開発、製造にあたるドイツのライター・エンジニアリングは、モータースポーツ・シーンでは長らくランボルギーニの実戦部隊として知られており、本社の新組織“スクアドラ・コルセ”が立ち上がるまでは、ガヤルドGT3 FL2などを手掛けてきた。

 今回、バイエルンに拠点を置く同社によって開発されたGT4初のアップデート・モデルでは、主に直線速度を上げることに焦点が当てられた。

 これまでKTMはその軽量な車体を活かしたハンドリングとコーナリング速度、ブレーキングの安定性やタイヤ攻撃性の低さなどを武器に戦ってきたが、レースを戦う上でストレートスピードの不足は如何ともし難く、相対的なエンジンパワーの低さを補う改良がメインとなった。

 エンジン出力は、GT4規定のBoP(性能調整/バランス・オブ・パフォーマンス)を司るSROモータースポーツ・グループの指定値により最大375馬力まで増加し、SRO指定外のシリーズや選手権の場合、またトラックデイのような走行会イベントなどでは最高で440馬力まで出力できる。

これまでKTMはその軽量な車体を活かしたハンドリングとコーナリング速度を武器に戦ってきたが、相対的なエンジンパワーの低さを補う改良がメインとなった
従来の2018年型モデル(写真)でも、キットにより最新のEVO仕様にアップデートすることが可能となる


本日のレースクイーン

OHLINS
桑名里瑛(くわなりえ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング