海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.11.17 15:26
更新日: 2018.07.27 14:39

ティモ・グロック&マルコ・ウィットマンのDTMコンビがバサースト12時間に挑戦


海外レース他 | ティモ・グロック&マルコ・ウィットマンのDTMコンビがバサースト12時間に挑戦

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権のBMWファクトリー・ドライバーであり、元F1のパナソニック・トヨタ・レーシングでレギュラーを務めたティモ・グロックが、同じくBMWドライバーで今季自身2度目となるDTM王座を決めたマルコ・ウィットマンと組み、オーストラリアで開催される伝統の『バサースト12時間耐久』に初エントリーすることとなった。

 このふたりとマシンをシェアするのは、豪州V8スーパーカーでタイトル獲得経験を持つ実力者マーク・ウインターボトムで、合計2台がエントリーするBMW M6 GT3の1台をドライブする。

 このM6 GT3はBMWワークス体制でのエントリーとなり、オペレーションは現地の有力チームであるスティーブン・リチャーズ・モータースポーツ(SRM)が担当する。もう一方のM6には、3人合わせて『バサースト1000』通算10勝のマーク・スカイフ/ラッセル・インゴール/トニー・ロンハースト組という強力なラインアップがそろった。

 グロックがオーストラリアでのレースに参戦するのは、DTM転向以前となる2013年のF1オーストラリアGP以来。またGT3マシンは、昨年アレックス・ザナルディと組んでZ4 GT3で参戦したスパ24時間以来となる。

「少しのブランクを経て、またこうしてオーストラリアでレースができるのは素晴らしいことだ」と、グロック。

「バサーストでドライブしたことはないけれど、(開催地であるマウントパノラマの)このトラックは伝説的な場所だ。僕にとってはM6 GT3も初だし、このマシンとサーキットへの挑戦を本当に楽しみにしているよ」

BMWはDTM王者のマルコ・ウィットマン(右)と、元F1ドライバーのティモ・グロック(中央右)という強力な布陣を豪州に送り込む
BMWはDTM王者のマルコ・ウィットマン(右)と、元F1ドライバーのティモ・グロック(中央右)という強力な布陣を豪州に送り込む


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
友野ゆみ(とものゆみ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング