F1ニュース

2013.12.07

「トヨタF1の成功を阻んだのはひとりの男だった」トゥルーリQ&A(1)


 2004年終盤から2009年末までトヨタF1チームに所属したヤルノ・トゥルーリが、イタリア人ジャーナリスト、パオロ・チッカローネのインタビューにこたえ、トヨタには実力が十分あったにもかかわらず勝てないままF1から去らなければならなかったのは、あるひとりの人物がチームをうまくリードできなかったからであるとの考えを語った。