旧記事ニュース

投稿日: 2014.10.17 00:00
更新日: 2018.02.23 15:56

公哉、GP2ソチで初入賞「レース2は短く感じた」


2014年10月16日

2014 GP2シリーズ第10大会(ロシア)レビュー
――佐藤公哉、決勝レース2で7位入賞――

■大会概要
開催国:ロシア
開催地:ソチ・インターナショナル・ストリート・サーキット(一周:5.872km)
開催日:2014年10月10日(金)~12日(日)
■大会結果
10月10日(天気:晴れ/路面:ドライ)練習6番手
10月10日(天気:晴れ/路面:ドライ)予選7番手
10月11日(天気:晴れ/路面:ドライ)レース1 決勝13位
10月12日(天気:晴れ/路面:ドライ)レース2 決勝7位

■ロシア大会レビュー
 初開催となるF1ロシアGPのサポートレースとして10月10~12日、ロシア・ソチのソチオートドローム(5.848km)でGP2第10大会が26台の参加によって開催されました。カンポス・レーシングの佐藤公哉は10日の練習走行で6番手のタイムを記録し、同日の予選でも7番手のタイムを記録して好調な滑り出しを見せました。11日の決勝レース1(28周、最大60分間)、佐藤は良いスタートを切って6番手を争いながらターン2へ進入。

 しかし、ここで数台の後続車両が大胆にもコースをショートカットしながら佐藤を追い抜きました。突然、前方に現れたこれらの車両に邪魔される形で11番手へ後退。13番手まで順位を下げた6周終了時点でピットストップ、タイヤ交換義務を消化しました。そして再びコースへ復帰したところで、ライバルのひとりが電気系トラブルによりコース上にストップしたためにセーフティーカー(SC)導入、これが結果的に佐藤に災いをもたらしました。SC導入中の最終コーナーで後続車両の追突に遭ってスピン、19番手まで後退してしまいました。それでも最後まであきらめずに力走した結果、13位でチェッカードフラッグを受けました。


旧記事 News Ranking

    本日のレースクイーン

    TWSプリンセス
    涼野はるか(すずのはるか)

    旧記事 Photo Ranking

    フォトランキング