ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2017.04.11 10:33

シトロエン WRC第4戦ツール・ド・コルス ラリーレポート


ラリー/WRC | シトロエン WRC第4戦ツール・ド・コルス ラリーレポート

2017年4月11日
プレスリリース

ツール・ド・コルスでシトロエンC3WRCのクレイグ・ブリーンが5位完走

 2017年の世界ラリー選手権(WRC)第4戦、ツール・ド・コルスの競技最終日となる3日目、クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン組は4位浮上を果たしましたが、その直後、総合5位に後退。ライバルとの差はわずかに0.1秒でした。

 また、この日再出走となったステファン・ルフェーブル/ギャビン・モロー組は完走を果たし、ブリーン/マーティン組とともにシトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチームにポイントをもたらしました。

クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)
クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)

◆アジャクシオ、バスティアのエリアを走行してきたツール・ド・コルスは、日曜日にポルト・ベッキオへと向かいました。最終日に設定されたのは、ふたつの競技区間(スペシャルステージ=SS)のみ。Antisant-PoggiodiNazza(53.78km)とPorto-VecchioPowerStage(10.42km)です。

◆総合5番手でこの日をスタートしたブリーン/マーティン組は、ラリー最長のSSで力走を披露。序盤ふたつの途中計測区間では素晴らしいペースを刻み、このSSで3番手のタイムをマークしました。その結果、総合順位でトヨタのヤリ‐マティ・ラトバラをかわし4番手に浮上しています。

◆最終SSのPorto-VecchioPowerStageを前に、トップ5の最終順位はまったく予想のつかない状況でした。ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)の総合首位は明らかでしたが、後に続くダニ・ソルド(ヒュンダイ)、セバスチャン・オジエ(Mスポーツ)、ブリーン、ラトバラの4人は20秒以内の僅差にひしめきあっていました。

◆Porto-VecchioPowerStageでは、ブリーン/マーティン組は3番手タイムをマークしましたが、総合順位では5位に後退。惜しくも0.1秒差で4位を逃してしまいました。それでもブリーンは、パワーステージ3位のボーナスポイント3点を獲得しました。

クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)
クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)

◆ラリー2規定でこの日を再スタートしたルフェーブル/モロー組は、C3WRCでの経験をさらに重ねました。同クルーはフィニッシュを果たし、シトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチームにマニュファクチャラーズ選手権ポイント6点をもたらしました。

◆2016年、シトロエン・レーシング・トロフィーでタイトルを獲得し、今回のラリーにDS3 R5で参戦したヨハン・ロッセルは、母国ラウンドでWRC2部門のポディウムに上がりました。ロッセルは総合10位に食い込み、自身初となるWRCポイントも獲得しました。同じくシトロエン・レーシングがサポートするDS3 R5で参戦した2016年のFIAジュニアWRCチャンピオン、シモーネ・テンペスティーニはWRC2部門4位で完走しました。

◆次戦のWRCは、ラリーアルゼンチン。再び大西洋を越えて、4月27~30日に開催されます。

チームコメント


本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
野原ゆな(のはらゆな)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング