ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2019.12.11 17:50

『エクストリームE』用電動SUV、2020年ダカールラリー参戦へ。最終ステージに出走して実戦テスト


ラリー/WRC | 『エクストリームE』用電動SUV、2020年ダカールラリー参戦へ。最終ステージに出走して実戦テスト

 モータースポーツの垣根を飛び越えた斬新なシリーズ運営手法を標榜する電動オフロード・シリーズ『Extreme E(エクストリームE)』は、2021年の本格始動を前にラリーレイドの最高峰ダカールラリーへの挑戦を決定。エクストリームE本戦で使用される電動SUV『ODYSSEY 21(オデッセイ21)』が2020年1月のダカール最終ステージで実戦デビューを果たすこととなった。

 エクストリームEは北極圏や熱帯雨林、砂漠地帯など、世界中の過酷な環境下を舞台に争われるもの。電気自動車技術だけでなく、環境保護の必要性も訴えることを目的としているシリーズだ。

 シリーズはスパーク・レーシング・テクノロジーズ(SRT)社製の車体とパワートレイン、ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング(WAE)社製のバッテリーや電動コンポーネントを搭載するオデッセイ21のワンメイクで争われる。

 このオデッセイ21は、同じくアガグCEOが立ち上げたABBフォーミュラE選手権のシーズン1、シーズン2で車両製作を担当したSRT社が、そのシングルシーターで培ったノウハウを最大限活用した車両となり、400kw(550hp)の最大出力により、斜度130%の登坂路でも車両重量1650kg、全幅2.3mのマシンを0-62mph(約1000km/h)加速4.5秒で“射出”するパワーを秘めている。

 SRT製のパワートレインと、WAE製のバッテリーパックはともに共通部品とされ、同じくニオブ鋼を使用した鋼管チューブラーフレームのシャシーとクラッシャブルストラクチャー、ロールケージ、特殊コンパウンドを採用するコンチネンタル製タイヤなどがワンメイク指定される。

 車両のその他のエリアに関しては、チームの希望により一部改変が可能となり、エンジンカバー、フロントバンパー、リアバンパー、サイドスカート、ライトなどのボディワークの領域を選択して、量産車のスタイルを再現することも許される。

 今回、この“E-SUV”が2020年のダカールラリー最終ステージに出走し、プロトタイプやバギー、カミオンなどの内燃機関搭載マシンに勝負を挑むことになった。

2021年2月から始まる初年度シーズンに向け、サウジアラビアは”砂漠”ラウンドの開催地として名乗りを上げている
国策の”ビジョン2030″により、ABBフォーミュラE選手権やダカールラリー、Extreme Eなど積極的なモータースポーツ誘致を続けている


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

BUSOU
久保エイミー(くぼえいみー)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング