ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2020.11.27 11:41
更新日: 2020.11.27 11:49

WorldRX:12月開催予定の最終戦ニュルブルクリンクはキャンセル。クリストファーソンが王者に


ラリー/WRC | WorldRX:12月開催予定の最終戦ニュルブルクリンクはキャンセル。クリストファーソンが王者に

 一方、WorldRXプロモーターであるIMGのモータースポーツイベント担当シニアバイスプレジデント、ポール・ベラミーは「なによりもまず、ヨハン(・クリストファーソン)とKYBチームJCは、この困難な状況下で2020年の世界タイトルにふさわしい活躍を演じてきた。改めて両者に『おめでとうございます』と祝福の言葉を贈りたい」と述べた。

「ドイツで最後のイベントを開催できなかったことには非常に失望したが、この前例のない時期に開催できた2020年シーズンのすべてを、とても誇りに思っている」と続けたベラミー。

「イベント主催者、パートナー、そしてファンの皆さまにはご理解とご協力を賜るようお願い申し上げるとともに、今後とも継続的なサポートを心より祈念する次第だ」

 また、このイベントと併催予定だった電動ラリークロス最高峰『Projekt E(プロジェクトE)』最終戦に出場予定だったマーカス・グロンホルムのデビューも、2021年に持ち越される公算となっている。

チームタイトルは、KYB Team JCが初の王者に。成長著しいロビン・ラーソンもタイトル経験者に混じり勝利を挙げた
2020年は参戦計画がなかったものの、開幕直前に急遽、KYB Team JCの要請でエントリーしたマティアス・エクストローム。見事、チームの戴冠に貢献した


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
荒井つかさ(あらいつかさ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング