レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2024.01.24 07:02
更新日: 2024.01.27 18:24

“魔法のような”タイム更新合戦から脱落。初陣のフォード・マスタングGT3「正々堂々とやっている」

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


ル・マン/WEC | “魔法のような”タイム更新合戦から脱落。初陣のフォード・マスタングGT3「正々堂々とやっている」

 フォードのドライバー、ハリー・ティンクネルは、デイトナ24時間レースの予選で GTDプロクラスのペースが「魔法のように」急上昇し、2台の新型マスタングGT3が置いていかれたことに驚きを露わにした。

 フォード・マルチマチック・モータースポーツからエントリーした2台の新型マスタングGT3は、1月19〜21日の公式テスト『ロア・ビフォア・ザ・ロレックス』のプラクティスセッションを通じてクラストップ5に入る成績を収め、予選前の最終セッションを終えた段階では、65号車ディルク・ミューラーが1分46秒007というベストラップでクラス3番手となっていた。

 しかし予選でミューラーは、ポールポジションを獲得したセバスチャン・プリオールのAOレーシング77号車ポルシェ911 GT3 Rから0.991秒差となる9番手タイムしか残せなかった。姉妹車の64号車ティンクネルに至っては首位から1.458秒おくれの13番手で、クラス最下位となった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース