ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.07.06 10:25
更新日: 2017.08.29 10:40

ポルシェ 2017年WSCC第6戦ワトキンスグレン レースレポート


ル・マン/WEC | ポルシェ 2017年WSCC第6戦ワトキンスグレン レースレポート

IMSAウェザーテックスポーツカー選手権、第5戦、ワトキンスグレン/米国

911 RSRが劇的な終盤を迎えて6位でゴール

 ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)が参戦したIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第5戦(ワトキンスグレン)は非常に激しいレース展開となりました。

 日曜日に開催された6時間レースは、ゴール寸前までGTLMクラス同士の激戦が繰り広げられました。ニューポルシェ911 RSR #912はトップと数秒差で3番手というポジションを走ります。

 しかしジャンマリア・ブルーニ(イタリア)が、まさにトップへのファイナルアタックを仕掛けようとしたとき、パンクでピットに戻ることを余儀なくされてしまいました。

912号車ポルシェ911 RSR
912号車ポルシェ911 RSR

 ポルシェ・ワークスドライバーとしてのデビュー戦で表彰台を飾ることが確実に見えたブルーニ、そしてチームメイトのローレンス・バンスール(ベルギー)は、最終順位6位でのゴールとなりました。

 パトリック・ピレ(フランス)/ディルク・ウェルナー(ドイツ)がステアリングを握るポルシェGTチーム2台目の911 RSR 911号車は7位でした。8台のうち7台が1回以上レースをリードしたことが、ワトキンスグレンにおけるGTLMクラスの戦いの激しさを証明しています。

COREオートスポーツの54号車ポルシェ911 GT3 R
COREオートスポーツの54号車ポルシェ911 GT3 R

 アメリカ・ニューヨーク州の伝説的な5.472kmのワトキンスグレン・インターナショナルサーキットにおいて、911号車はレースの大半をすばらしいポジションで走りました。

 5番手からスタートしたパトリック・ピレは、30度の高温のなか、最初の1時間が経過した時点で3番手に上がり数周後には2番手まで浮上し、そのままチームメイトのディルク・ウェルナーに911 RSRを引き継ぎます。

911号車ポルシェ911 RSR
911号車ポルシェ911 RSR

 レース折り返し点でもウェルナーは2番手を維持しました。このエキサイティングな展開となったスポーツカークラシックでは度重なるイエローフェーズによってしばしば隊列が形成されました。

 しかしそのときトラブルが発生し、911号車がシケインでスピンして右リアタイヤを損傷します。ウェルナーはセクションのランオフエリアで911 RSRを制御してピットレーンまで戻りましたが、1周を失い首位の希望は消えました。


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング